農業日記


<< 光月 | main | ら・ふらんす 出荷開始 >>
今年のもも!

今年もいろいろな方からご賞味いただきまして、誠に有り難うございました。

 

毎年、どんな天候で収穫を迎えるのか、春から楽しみと不安との絡みで作業を行います。

 

ももはどの品種よりも天候に大きく作用される作物と思います。

 

今年の天候予想、雨が多く、日照不足かな〜と・・・・・やはり的中してました、

8月7日頃から連続しての雨雨雨、糖度が上がらない・・・いつもより2度〜3度低く

余計な雨が吸わない肥料施肥、糖度向上の施肥いろいろやりました、甘味を感じる11度は確保

できた、しかしいつもの味ではなかった。

 

9月3日頃まで雨いっぱいの土壌、こんな時は9月収穫するももの品質は良くなる・・・

との予想でした、9月9日からの収穫するももはやはり、糖度は通常で収穫することが

できましたが、中には少々影響があるものもありました。

 

毎年、7月〜10月の約3か月間の収穫期間の中では、どの品種かは天候に悩まされることが・・・

 

ももの品種紹介文書は通常の品質状況を説明しておりますが、収穫前1週間の雨は天敵、

品質は大きく変わってくる要素がありますので、ご理解、ご了承いただければ幸いです。

 

昨年は台風の影響でベストのタイミングで収穫ができなかった、今年は多雨の影響で悩まされた

年でした、だから常日頃の栽培管理の徹底が必要ですね。

 

今後とも、ももを宜しく お願い 致します。

 

 

 

| 農業日記 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maruyamakajyu.jugem.jp/trackback/218
トラックバック